新着情報・お知らせ

特別企画「第12回水戸薪能」を開催します〈9/23開催〉

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

2019年8月20日|萩まつり

9月23日(月・祝)の水戸薪能は、予定通り開催いたします。

■ 詳 細

 日  時  令和元年9月23日(月・祝) 17:30~19:00(17:00開場)
       ※雨天決行。雨天時は傘以外の雨具をご持参ください。

 会  場  常磐神社 能楽殿(水戸市常磐町1-3-1)

 料  金  3,000円(税込)※全席自由席

 チケット  水戸観光コンベンション協会事務所、水戸観光案内所で販売

■ 演 目

【狂言「清水」】 

 ●あらすじ:
 流行の茶の湯を楽しむ主人が茶会を催すため、「野中の清水を汲んでこい」と太郎冠者に命じます。
 七つ下がり(夕刻前)のことでもあり、迷惑に思う太郎冠者は一計を案じ、
 「鬼に遭い、命からがら逃げ帰った」と一芝居打ちます。
 が、手渡した秘蔵の手桶を打ち捨てたと聞いた主人はこれを惜しみ、自ら取り返しに出かけます……。

 ●出演者:
 シテ(太郎冠者)山本 泰太郎(やまもと やすたろう)
  昭和46年生まれ
  山本則直の長男。父および東次郎に師事。平成22年度文化庁芸術祭優秀賞受賞。
  重要無形文化財総合指定 公益社団法人能楽協会会員

 アド(主人)  山本 則孝(やまもと のりたか)
  昭和48年生まれ
  山本則直の次男。父および東次郎に師事。
  重要無形文化財総合指定 公益社団法人能楽協会会員

【能「小袖曽我」】

 ●あらすじ:
 曽我十郎祐成(すけなり:シテ)と弟・五郎時致(ときむね:ツレ)の兄弟は、富士のすそ野で行われる源頼朝の御狩の機会を利用して、親の仇・工藤祐経を討とうと決意します。
 兄弟は暇乞いの為に、母(ツレ)のもとを訪ねますが、母は出家させるつもりの五郎が言い付けを守らないので、五郎に会わないばかりか、重ねて勘当を言い渡します。
 十郎は、五郎が寺で亡き父の回向に力を尽くし、また母の安否をも念じていたのに、母に許してもらえないことを嘆き、涙ながらに二人は母のもとを立ち去ろうとします。
 すると母もようやく五郎の心を知り、勘当を解き、晴れて親子兄弟で門出の酒宴をし、御狩の場へ赴いてゆきます。

 ●出演者:
 シテ(曽我十郎祐成)観世 恭秀(かんぜ やすひで)
  昭和17年生まれ
  観世友資の次男。二十五世観世左近に師事。
  重要無形文化財総合指定保持者 一般社団法人 観世会顧問。公益社団法人 能楽協会会員

 ツレ(曽我五郎時致)岡本 房雄(おかもと ふさお)
  昭和23年生まれ
  観世元昭及び観世恭秀に師事。
  重要無形文化財総合指定保持者 公益社団法人 能楽協会会員

 ツレ(曽我兄弟ノ母)寺井 千景(てらい ちかげ)
  昭和五十七年生まれ
  寺井栄の長女。父に師事。
  東京芸術大学卒業。公益社団法人 能楽協会会員。

■ チラシダウンロード

 こちらからご覧ください(PDF)。

■ お問い合わせ先

 一般社団法人水戸観光コンベンション協会
 〒310-0011
 茨城県水戸市三の丸1丁目5番38号 茨城県三の丸庁舎1階
 電話:029-224-0441 / FAX:029-224-0442