観光施設

酒門共有墓地

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

 徳川光圀公(水戸黄門)が寛永5年(1666年)に坂戸村の一角に特有の寺院に属さない藩士のための墓地を作らせました。当初、墓地の広さは身分に関係なく平等に1間四方を原則とし、墓碑銘には戒名を記すことを禁じました。現在では諸宗の共同墓地として利用されています。

所在地 水戸市酒門町320
交通 ■ 電車・バスご利用の方
JR常磐線水戸駅北口バスターミナル3番(酒門経由バス)に乗車し「酒門坂上」下車
*乗車時間:約20分
*運  賃:250円
■ 車ご利用の方
北関東自動車道・水戸南ICから約10分
料金 無料
休日 なし
問い合わせ 酒門共有墓地管理委員会
TEL:029-247-0689
注意事項 (1) 敷地内は全面禁煙。ゴミの持ち帰りを励行下さい。
(2) 自然の地形を生かした利用形態のため、道路が狭く曲折しており段差があります。
(3) 履物は運動靴をお勧めします。
(4) 碑銘が判読困難な崩壊寸前の古碑が散見されます。個々の墓碑に手を触れないで下さい。
(5) 個々の墓域には立ち入らないで下さい。