観光施設

愛宕神社

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

愛宕神社


 愛宕神社は、水戸市の北西部に鎮座し、火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を祀っています。
 朱雀天皇の治世、天慶元年(938年)に常陸大掾平国香(だいじょう たいらのくにか)が、山城国愛宕郡(現在の京都市右京区愛宕町)の愛宕神社より分霊をいただき、常陸国府中(現在の石岡市)に勧請されたのがはじまりです。
 長和3年(1019年)には国香の子である大掾貞盛が旧水戸城内に安置し、さらに元亀年中(1570年~72年)には、領主江戸但馬守道勝が当社を水戸城外三の丸に遷座、一般の崇敬参拝が許されるようになりました。
 後の天正8年(1580年)、佐竹義宣が現在地に移したと伝えられています。社殿は東方の水戸城を守護するとともに、火伏せ(火除け)の神様として広く信仰されています。


所在地 水戸市愛宕町10-5
交通 ■ 電車・バスご利用の方
水戸駅北口7番乗り場(茨大前経由バス)に乗車、「袴塚2丁目」下車
*乗車時間:約20分
*運  賃:310円
■ 車利用の方
常磐自動車道・水戸インターから約20分
料金 無料
休日 なし
問い合わせ 愛宕神社
TEL:029-221-9247