観光施設

常磐共有墓地

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

常磐共有墓地

(水戸市指定史跡)

 徳川光圀公(水戸黄門)は寛文6年(1666年)、水戸藩士のため上市に常磐共有墓地、下市に酒門共有墓地を創設しました。その理由は、当時水戸藩の士民の喪祭が神仏まちまちで往々にして誤った習慣にとらわれ、無駄な費用に苦しめられているのを見て、これを正しく指導する必要を感じたためでした。ことに藩士のためには、これら2ヶ所の墓地を無料で使用させるほか、「喪祭儀略」という書を作り、儒式を取り入れた簡素な喪祭の仕方を教え、墓碑も一定の形と大きさを定めて、ぜいたくに流されないようにしました。このため藩士は後世までその恩恵に浴しました。
 墓地内には、"水戸黄門"でおなじみの「格さん」のモデル安積澹泊をはじめとする彰考館の学者達、後期水戸学の中心をなした藤田幽谷・東湖父子、豊田天功・茅根寒緑や、桜田門外の変・坂下門外の変などに参加した烈士の墓が建ち並び、さながら水戸藩の歴史に接する思いを深める場所です。

所在地 水戸市松本町13-34
交通 ■ 電車・バスご利用の方
JR常磐線水戸駅北口バスターミナル7番(末広町経由バス)に乗車し「保和苑入口」下車
*乗車時間:約15分
*運  賃:240円
■ 車ご利用の方
常磐自動車道・水戸ICから約20分
料金 無料
休日 なし
注意事項 (1) 敷地内は全面禁煙。ゴミの持ち帰りを励行下さい。
(2) 自然の地形を生かした利用形態のため道路が狭く曲折しており、段差がありますのでご注意下さい。
(3) 個々の墓域には立ち入らないで下さい。